HIDの明るさ

HIDの明るさ

HIDキットを導入する自動車やバイクが増えていて、公道を走っているとHIDライトを装着して明るいライトで走行している自動車やバイクを目にする機会は多いと思いますが、通常のライトに比べるとHIDライトはかなり明るく、視界が悪い夜でも広範囲を明るい光で照らしてくれるので、自動車やバイクの走行において安心感があります。
HIDライトが人気となっている理由の一つに、HIDライトの明るさというのがありますが、HIDライトは少ないエネルギーで明るい光を発することができるため、通常のライトに比べて明るいからと言ってバッテリーに負担がかかるというわけではなく、むしろバッテリーに対しての負担で考えると通常のライトの方が負担は大きいと言えます。
HIDキットにもよりますが、基本的にHIDは白く明るい光が発するように作られていて、その明度はHIDキットによっても細分化されていますが、HIDの中には安定器と呼ばれる光の照射を安定させることができる部品とそれを管理するシステムが導入されており、これらによってHIDのライトを安定させることができるようになっています。
ちなみにこの安定器と呼ばれる部品が入っていることによって安定した明るい光を照射することができるようになっているのですが、この安定器は劣化するのが普通で、通常だと10年程度で交換が必要になりますが、安価なHIDキットになってくると、さらに寿命は早くなり交換時期が早くなる場合があるので、安価なHIDキットが良いとは言えません。