HIDとハロゲンライトの違い

HIDとハロゲンライトの違い

最近でこそHIDキットを装着してHIDライトで夜の暗闇を照らしながら走っている自動車やバイクを見かけるようになりましたが、HIDキットが普及を始めたのは最近のことで、ちょっと前までは少し黄色っぽい光が入ったライトが主流でした。
この少し黄色っぽい光が入ったライトはハロゲンライトと呼ばれるライトで、長年にわたって自動車やバイクのメインライトに取り入れられてきましたが、HIDライトが普及するに伴って少しずつハロゲンライトを装着している自動車やバイクは減ってきているものの、まだまだハロゲンライトで走行している自動車やバイクを見かけます。
なぜ、HIDライトの場合だとライトから照射される光が限りなく白に近いのに、ハロゲンライトになると照射される光が黄色っぽいのか気になるところだと思いますが、これは色温度がそれぞれで大きく違うためで、HIDライトの場合は色温度が高いため白い光を照射するようになっているのに対して、ハロゲンライトは色温度が低いため、黄色っぽい光を照射するようになっています。
色温度が高いHIDライトの方が明るい光を照らすことができるものの、自動車やバイクに与える負担は大きいような感じがしますが、ハロゲンライトに比べると少ないエネルギーで明るい光が出せるような仕組みになっているので、HIDライトの方が明るいからといって自動車やバイクにかかる負担が重いというわけではなく、むしろハロゲンライトの方が自動車やバイクにかかる負担が重たい場合があります。